妊活中に不可欠な食べ物や飲み物はコレだ!

妊活中に摂取しておきたい食べ物や飲み物を特集しています。元気な赤ちゃんを生むために必要な栄養素などを紹介!

低温期と食べ物について

現代では、不妊症は10人に一人と言われています。

昔と比べて、働く人口が増え婚姻年齢が上昇していることが一つの要因のようですが。

妊娠したいけどなかなか赤ちゃんが授からないと悩んでいるご夫婦が多いことでしょう。

そんな妊娠活動、略して妊活している方へ、特に妊活中に摂ったほうがよい食べ物についてご紹介します。

なるべく妊娠しやすい体を作るために、脂質やカロリーを抑えた食事を摂ることが一般的に推奨されています。

日本古来のことを考えても、粗食で野菜中心の生活が理想的です。

と言っても、若い世代は特に、お肉や魚なども食べたいと思います。

基本的には和食で野菜中心の食事を摂り、肉や魚も3食に1食は摂るなど、あまりストイックな食事制限をする必要はありません。

まず、ご自身がリラックスしてストレスをためないことが、妊娠する可能性を高めることにつながります。

ご自身にあわせた方法を選ばれるのがよいでしょう。

妊婦の食べ物について調べる女性

 

基礎体温を測る意味

妊活を始める際に、まず基礎体温を測ることから始めます。

生理不順などで、低温期と高温期の波がはっきりとしていない方もいらっしゃるかと思いますが、2~3か月継続して測ることで、ご自身の周期を知ることができますので、辛抱強く測りましょう。

はっきりと分かれていなくても、低温期から高温期に移行する前に、体温が少しあがる時期があります。

その時期にタイミングをはかると妊娠の確率がより高くなると言われています。

また、低温期は特に体を外側からも内側からも温めるように注意することが必要です。

夏でも冷たいものを飲みすぎず、なるべく温かいものを飲み、食べるようにするとよいでしょう。

妊活中、葉酸をよりとるような食事、サプリメントなどを摂るようにすることで、妊娠後も健康な赤ちゃんが生まれるような体作りになりますので、おすすめです。